×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
タミヤ
1/350
大日本帝国海軍
戦艦

武蔵
製作記

2008年1月〜2月製作

Making of
Tamiya
1/350
Imperial Japanese Navy
Batlle Ship
MUSASHI
 
 
戻る

<戻る 艦橋製作編へ> 

てなわけで、タミヤ1/350戦艦武蔵の製作記で御座います。
まずは材料編です。
唯一の1/350戦艦武蔵のキットで、出来の方も大和型戦艦の特徴を良く捉えている名キットです。
ボックスアートも屈指の名作です。
とは言え発売から既に20年以上経過しており、各部に最新考証とはだいぶズレがあります。
そういったズレを修正しつつディテールアップを行っていきます。

ライオンロアの「真実の大和スーパーディテールアップセット」
これ一つで殆どのディテールアップが行えるという優れモノ。
大量のエッチングパーツを初め、金属スクリュー、真鍮製主砲身、副砲身、高角砲身等々至れり尽くせりの内容です。
その名の通り大和用ですが、同型艦の武蔵にも使用可能です。

ゴールドメダル「1/350日本海軍大和、武蔵用」
こちらは主にライオンロアのパーツセットでの不足分を補います。

プロホビー「ホビーチェーン大・中」
「大」を主錨用鎖として使用します。
ライオンロアにも鎖は入っていますが、線が少し細いのでこちらを使用します。

菊と刀「1/350日本海軍用土嚢セット 戦艦大和・武蔵」
ネットオークション限定品で細密なディテールの優れモノ。
予算が許せば他にも使用したい部品がいっぱいありました。

ジョー・ワールド「1/700IJN垂直梯子・ラッタル・錨見台・舷梯(格納状態)セット」
マストに梯子を取り付けるのですが、1/350用だと明らかに太すぎるのでとしてこちらを使用します。


<戻る 艦橋製作編へ>